愛人という存在・・・

世の中の男性全てが、愛人を欲しいと思っているわけではありません。
妻だけを愛しているとか妻だけいれば十分という人も多いと思います。
一方、現実の世界では、愛人を囲っている人や不倫をする男性は、多いです。愛人に関しては、欲しいけれど、そこまでお金がないとかもてないという理由で愛人を作れない人も多いだろうと思います。
芸能界や社長等の愛人話を読むと、マンションを買い与えたり、月に100万円渡したりしているという記事を見ます。
少し話が盛られている部分もあるでしょうが、ホステス等を愛人にするのであれば、それぐらいのお金が必要でしょう。一方、玄人でない素人の愛人も存在します。こちらに関しては、嫌になったからといってすぐに別れる事も出来ませんし、酷い場合は、妻と別れさせる工作等も行ってきます。
同じ愛人ですが、妻から奪い取りたいという点で基本的に違います。
だから、素人の愛人は、怖いと言われています。
けれども、お金が掛からないケースも多いです。
結局は、同じ愛人なのですが、愛があるかどうかという事です。
ビジネスと割り切って愛人関係を続けるのと恋愛感情を持って愛人関係を続けるのでは、全然違ってきます。愛人は、現代版の妾制度です。
法律で一男一女の結婚しか認められていないため、愛人という呼び方をされているのです。なかには、妻と一緒に住む愛人や養子にして戸籍に入り、子供等も家族にするという豪快な愛人関係もあります。
江戸時代の正妻と側室によく似ています。
愛人と綺麗に別れるためには、手切れ金が必要だと言われており、とにかくお金が掛かるという事は、間違いありません。

続きを読む≫ 2015/08/30 18:18:30

愛人というのは実は、意外と身近にたくさんいるような気がします。大学時代、社会人時代、結婚して主婦になってから、愛人という存在をなんとなく感じることが多々ありました。私も結婚しているので、旦那に愛人ができないか本当にひやひやしています。
最近だと、ネットで愛人掲示板とかあるみたいですからね。
簡単に愛人なんてできそうですもんね。
大学時代は同級生で愛人をしているという噂のある子がいました。友人がその子がおじさんと一緒に楽しそうに町を歩いているのを見たことがあると言ってから、絶対に噂は正しいとみんなで盛り上がったものです。同級生の男子も面白そうに話に加わってきて、絶対にその子とは付き合えないし、友人がその子と付き合ったら全力で別れるように説得すると言っていました。
社会人になってからは友人がある男性と愛人関係になっていました。社会人になるとすきになる人が独身者とは限らず、愛人関係に陥ってしまう可能性が上がるのだと思います。また働いていた職場でもあの二人は怪しい、とささやかれている人がいました。男性は営業で結婚していて、女性は経理の独身の人でした。結局その二人が愛人関係にあったのか分からず退社してしまったのですが、その後、その職場の友人の話によるとやはり今でも怪しいそうです。
主婦になってからは、保育園に子どもを通わせている友人が保育園の同級生のシングルマザーですぐに愛人関係になろうとすることで有名な人がいると言っていました。なかなかそんな話は聞けないので、その友人と会う時は必ずそのシンママの新しい話はないか聞いています。

続きを読む≫ 2015/08/14 16:27:14

恋愛では様々な方向性があるので自分の好きなものを選べば良いです。一般的には恋人がいてそれが普通のように考えています。しかし、愛人というパターンもあるので一つだけの関係にならないのが人間です。
愛人とは実際には不鮮明なものではっきりしない点も多いです。こういったイメージが作られたのはやはり個人の勝手な想像です。私も愛人と言われて思い出すのが映画やドラマでのイメージです。
こういった愛人の存在は実際のそれとは異なると感じます。なぜなら、愛人になる経緯が非常に多くて一括りにはできないためです。今の愛人は幾つものパターンに別れていてそれぞれが個性的なのです。
だから日本では愛人という関係が浸透していないように想像できます。この関係になるためには自分の性格と向き合う必要もあります。確実にそういった関係になりやすい性格は存在しているのです。

 

特に女性の場合は愛人体質などという言葉を聞きます。これはそのままの意味で解釈できるので愛人になれる女性を指します。実際にこういった関係になっても継続できない人もいるのです。
そのためはっきりと愛人と言えるのは関係を続けている人です。直に関係をやめたくなるなら立派な愛人とは言えないと思います。だから性格も中途半端な方が愛人には適しているのです。
完璧主義などの場合は恋愛でも真面目なケースが多いです。逆に愛人になるのは厄介なことが嫌いで自分の好きな関係を維持したい人です。周囲を気にしないで愛人になれるならそれは凄いことです。

続きを読む≫ 2015/07/13 15:14:13

友達の旦那さんが愛人を作って離婚問題に発展しています・・・。愛人ってお金持ちの人が作るものだと思っていたのですが、友達から「夫が愛人を作って・・」と相談されました。友達の旦那さんは派遣社員として働いていて、お給料も少ないと言っていました。だから不思議な感じがしました。

 

愛人という言葉から、お金というものを想像してしまいます。お金を渡して割り切った関係・・それが愛人じゃないかと思うのです。それ以外は不倫とか浮気というイメージですね。愛人という言葉を思い浮かべると、パパと若い女性を想像してしまいます。

 

友達から愛人という言葉を聞いてから、なんとなくもやもや考えてしまっています。愛人関係を継続させるためには、周囲にその関係がバレてはいけませんし、誰にも内緒の関係だからこそ盛り上がるのだろうなぁと思います。罪悪感よりドキドキが勝るんですね、きっと。

 

愛人関係って周囲にバレたら終わるのがほとんどですよね。特に男性は愛人を捨てる、というイメージがあります。女性の方が好きになってすがるような感じですね。愛人関係って女性にとって良いことがあるとしたら、やっぱりお金をもらうことじゃないかと思います。お金をもらわない愛人関係なんて、やっぱり女性が損するような気がします。悲しい関係だと思います。恋愛に奥手な女性が愛人になってしまと、絶対にうまくいかないと思いますし、性格的にドライな女性だとうまくいくのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/07/10 20:11:10

私と彼女が会うのはいつも、日曜の午前中と決まっていました。その時刻、これまでの私は趣味の将棋倶楽部に通う時間帯で、それだと家内に疑われることなく家から出られるのです。私はタクシーを拾い、隣町にあるホテル前でおり、そこで彼女と落ち合ってホテルに入るのでした。朝の陽射しのまぶしい時刻でしたが、彼女は不服ひとつ言うことなく私に従いました。
「この一週間、ずっとあなたのことばかり考えていました」
彼女のその言葉は、会社で顔をあわせている時は、これまで同様事務員として私と接触しなければならないつらさい思いを、婉曲に物語っていました。
「それは僕も同じだよ」「本当?」嘘ではないことを教えるために私は、それからの数時間と言うもの彼女を、一心不乱に愛し続けました。
「考えちゃいけないことだとはわかっていても、あなたがお家で奥様とおられるところが、いやでも頭によぎるともう、五感が張り裂けそうな気持ちになるの」
私と別れてこれからまた一週間、一人でいなければならいことを思うとつい、そんな愚痴もこぼれるのでしょう。私をみつめる彼女の目は、恐いまでに真剣な光をおびていました。
それには私は何も言うことができずに、ただ彼女をしっかり抱いてやることしかできませんでした。
会社の中で、彼女がときおり、私のデスクにやってきては、これ、どうぞと、お菓子や果物をもってくるようになったのは、それからまもなくのことでした。以前にも何回かあって、そのときは読み終えた文庫本を貸してくれたりしたものでした。私も最初は笑顔でうけとっていたのですが、あまりにそれが頻繁になってくると、どうしても周囲の目のこともあり、私は次に二人で会ったときに、あの行為は控えるよう彼女に注意しました。すると彼女は、自分でもいけないことだとわかっていても、あなたに会いたい一心から衝動的に動いてしまうのだと言いました。

続きを読む≫ 2015/07/09 16:24:09

愛人関係を続けている女性はこの世の中とても多いのではないか、と言われています。
愛人と言うと、なんだかあまり良くないイメージなどがありますし、またなんとなく泥沼があるようなイメージなどがあると思います。
しかし、愛人を続けている女性も少なからずいますし、今はスマートフォンや、パソコンなどでさまざまな男性と知り合う機会などは多いと思います。
そこで、愛人をしようと思うと気軽に愛人ができるという時代であるといえます。
しかし、愛人関係を続けることができる女性と言うのは、やはり限られてくるのではないか、と思います。
愛人を続けるということは、なかなか精神的にも疲弊する作業ですし、自分に恋人がいたり、伴侶がいたりした場合も大変ですし、さらに相手がいない場合も不毛な関係となるので、精神的に辛くなることが多いと思います。
それでも、愛人関係を続ける女性は、さまざまな思いを抱えていると思います。
まず、愛人関係を続けることで、何かメリットがある場合です。
例えば、お金などを援助してもらえるという場合が一番多いのではないか、と思います。
なにか目的があり、資金を援助してもらえるというケースの場合、愛人関係を続けている女性も少なくありません。
愛人関係を続けていると、このようにたくさんのメリットがあるのであれば、続けやすいといえるでしょう。
また、さらに、愛人関係を続けたい、というほどその男性に魅かれている場合などもあります。

続きを読む≫ 2015/07/06 15:24:06